こんにちは、ぞうです!
loxodon
本日は一旦『タルキール覇王譚』から離れて、
木曜Pauperに参加!

のつもりでしたけれども、店内は当然『タルキール覇王譚』
の話題で持ち切り!新しいブロックの幕開けですからね!
来店していた方と「あれがいい。これはどう。」と軽く歓談したのち、

nph_蔑み
ミラディンの傷跡ブロック』のストレージから
新たなるファイレクシア』版の《蔑み/Despise》をサルベージして、
いざデュエルスペースへ。



Pauper 白単兵士 2014/09/25
m10_古参兵の鎧鍛冶zen_コーの空漁師
2:《カビーラの交差路/Kabira Crossroads》
4:《隔離されたステップ/Secluded Steppe》
16:《平地/Plains》
-土地 22

4:《コーの空漁師/Kor Skyfisher》
4:《忠実な聖戦士/Loyal Cathar》
2:《古参兵の武具師/Veteran Armorer》
4:《古参兵の鎧鍛冶/Veteran Armorsmith》
2:《エイヴンの裂け目追い/Aven Riftwatcher》
4:《宝石の手の報復者/Gempalm Avenger》
-クリーチャー 20
4:《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》
4:《急報/Raise the Alarm》
4:《未達への旅/Journey to Nowhere》
2:《隊列の叫び/Marshaling Cry》
2:《損ない/Unmake》
2:《金切るときの声/Battle Screech》
-その他の呪文 18

3:《アイケイシアの投槍兵/Icatian Javelineers》
3:《コーの奉納者/Kor Sanctifiers》
2:《痕跡消し/Leave No Trace》
2:《天界のほとばしり/Celestial Flare》
2:《赤の防御円/Circle of Protection: Red》
2:《塵は塵に/Dust to Dust》
1:《損ない/Unmake》
-サイドボード 15 



ある程度、店舗内のメタが固まってきたため、
サイドボードを含め、デッキに変化が出ました。

まず、トップメタが【黒単コントロール】
dst_騒がしいネズミths_アスフォデルの灰色商人
騒がしいネズミ/Chittering Rats》によるドローロックから、
アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》を連打する
体勢に入られるとかなり厳しい展開になりますが、
ある程度メインで対応できるので、今回はサイドには特に対策を取っていません。

次に【青単フェアリー】
lrw_呪文づまりのスプライトbok_深き刻の忍者
呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》と《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours
のシナジーを利用した【クロックパーミッション】テイストのデッキですね。
とにかくクリーチャーを通すと《忍者》が飛んでくるため、
こちらも飛行クリーチャーを用意できると大きく展開が変わります。
多くの場合、《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》も採用されていますので、
zen_コーの空漁師plc_エイヴンの裂け目追い
タフネスを1点上げることで対応できる《コーの空漁師/Kor Skyfisher》や
エイヴンの裂け目追い/Aven Riftwatcher》が活躍してくれることになります。
《裂け目追い》を《空漁師》でバウンスすることで、「消失」を引き伸ばせるのも好相性!

fem_アイケイシアの投槍兵
加えて、サイドボードから《アイケイシアの投槍兵/Icatian Javelineers》を投入。
フェアリー・クリーチャーを牽制していく形になります。

最後に対策を意識させられるのが【呪禁オーラ】
m13_怨恨dde_アルマジロの外套
普通に殴りあうとまず押し負けるので、大抵はサイド変更後からが本番です。
最強のオーラ《怨恨/Rancor》に加えて、「魂の絆」能力を付与する
アルマジロの外套/Armadillo Cloak》を呪禁クリーチャーに貼るだけのお手軽戦法で、
非常にブレが少ない安定したプレイングが特長ですね。

m14_天界のほとばしり
クリーチャーは対象に取れませんので、
除去はオーラを狙うか布告系に変更せざるを得ません。
サイドからはまず白い布告、《天界のほとばしり/Celestial Flare》。
大量のオーラと一緒に除去できれば大抵勝てます。

zen_コーの奉納者
少々重くなりますが、《コーの奉納者/Kor Sanctifiers》も候補。
どちらかと言うと青単の《尖塔のゴーレム/Spire Golem》を割るのが仕事ですが、
エンチャントも狙えるのでどうせ余る除去の枠に入れます。

rav_痕跡消し
そして、《痕跡消し/Leave No Trace》です。
呪禁オーラ対策のためだけに入っていると言っても過言ではないカード。
緑のエンチャントが狙い目ですが、こちらは《未達への旅/Journey to Nowhere
を抜いているので、別に白のエンチャントを割っても問題ありません。



なんだかんだ言っても今回の対戦では、
宝石の手の報復者/Gempalm Avenger》が手に入ったのが
一番大きかったような気がします。!
打ち消されないと同義のキャントリップ付きコンバットトリックが弱いワケがない!

(=゚ω゚)ノ いじょう!