こんにちは、ぞうです!
loxodon
『運命再編』プレビュー2日目!
公式記事「バック・トゥー・ザ・ソウルファイア・フューチャー」で公開されたのは、
白い2マナの神話レアクリーチャー!

バック・トゥー・ザ・ソウルファイア・フューチャー
http://mtg-jp.com/reading/translated/rc/0011829/



frf_魂火の大導師魂火の大導師 (1)(W)
クリーチャー-人間・モンク

絆魂
あなたがコントロールするインスタント・呪文とソーサリー・呪文は絆魂を持つ。
(2)(U/R)(U/R):このターンに次にあなたがあなたの手札からインスタント・呪文かソーサリー・呪文を唱えるなら、それを解決するに際し、そのカードをあなたの墓地に置く代わりにあなたの手札に加える。

2/2



「インスタント・呪文とソーサリー・呪文は絆魂を持つ。」
という、前代未聞の能力を持つクリーチャー、《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》

クリーチャーとしてのベースも、2マナ・2/2・絆魂と申し分無く、
デッキにすんなり4枚採用できてしまうのが、まず良いですね。

frf_魂火の大導師
ただの熊ではない。

さて、能力の面ですが、
やはり「インスタント・呪文とソーサリー・呪文は絆魂を持つ。」という、
聞きなれないテキストに困惑してしまいます。

が、「絆魂」が定義するところは「絆魂を持つ発生源がダメージを与える場合、
そのコントローラーはそのダメージに等しい点数のライフを得る。」ということなので、
要するに、火力呪文が全部《稲妻のらせん/Lightning Helix》と化すという感じ。

稲妻の一撃/Lightning Strike》はそのまま《稲妻のらせん/Lightning Helix》に。
灼熱の血/Searing Blood》なら、上手く決めると超効率ですね。

bng_灼熱の血
到底2マナでは考えられないアドバンテージ。

もうひとつの能力は、
『運命再編』で復活する混成マナを使った「バイバック」能力!

マナが余るのであればインスタントやソーサリーを使い回すことができ、
じっくりと攻めるコントロール寄りのデッキにも採用できる幅の広さを持っています。
火力以外にも打ち消し呪文を戻したり、
往年のトリコトールコントロールのような柔軟さを再現できるかもしれません。

ths_解消
打ち消せるのは一度だけ、とでも思ったのか?

と言った具合に、「スタンダード」環境でも十分な強さを発揮しそうですが、
撃てる火力が《稲妻/Lightning Bolt》であれば赤1マナの《稲妻のらせん/Lightning Helix》となり、
稲妻のらせん/Lightning Helix》であればライフゲインは倍となり、
選択肢の広さがそのままカードの価値を高めてくれるため、軽さも相まって
「モダン」の構築でも使われる潜在能力が《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》にはありそうです。



(=゚ω゚)ノ いじょう!