こんにちは、ぞうです!
zousan
12月の中野屋さんのイベント告知にて、MONOモダン(単色デッキ)イベントが掲載されました!これは面白そう!という訳で、中野屋さんのツイッターで公開された情報をもとに個人的にまとめページを作成しておきます!

単色モダンって一体どういう大会になるんでしょうね!

参考:
TCGSHOP 中野屋HPイベント告知
http://www.mtg-nakanoya.com/index.php?data=./data/l3/


現在、告知されている情報は、(2015/11/11 23:30追記)


・土地からは1色しか出せない
・アーティファクトは使用禁止
・多色デッキOK

の3つ。これから先、ルール変更や細部の設定が行われるかも知れませんが、2015年11月10日の時点で公開されている情報はこれだけです。

これに中野屋店長から直接聞いた情報を加えると、

・HPでは「単色モダン」
・アーティファクト使用禁止
・混成、多色どちらも使用可能
・ゲーム中に土地から出せるマナは1色のみ

と、いうことに!なんら情報が増えたわけではありませんね!

(ここから 2015/11/10 22:30追記)

上記のルールで確定と再度アナウンスされましたので、追記致します。



 ルールについて中野屋さんに問い合わせました(2015/11/11 23:30追記)

MONOモダンのルール1、ルール2の厳密な解釈について。

ルール1、アーティファクト禁止・・・
「プレイヤーはアーティファクト・カードをデッキに入れることができない。」

ルール2、土地からは1色しか出ない・・・
「各プレイヤーはイベント開始前に色を1つ選択する。イベント中、土地はそれのコントローラーが選択した色のマナしか生み出さず、不適正な色マナを生み出す場合は代わりに無色マナを生み出す。これは土地の性質であり、他のオブジェクトにより変更することができる。」

と、なるそうです。
「ルールはこの2つしかないので、この枠の中で自由にデッキを構築してください。」とのことでした。

その他の質問

Q.《豊かな成長》、《血染めの月》、《領域大工》、《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》などは土地の性質を変更しますが、MONOモダンのイベントルールによって、通常の処理を行わないカードはありますか?

A.どれも通常の処理を行います。《豊かな成長》なら土地は好きな色を、《血染めの月》なら基本でない土地は「山」となり赤マナを生むようになります。その他のカードについても同様です。



上記のルールを基に現状構築可能なデッキはどういったものでしょうか!
僕が考えうる範囲では、
・エルフ、マーフォークなどの単色部族デッキ
・バーンやウィニー、ストンピィなどの速攻デッキ
・単色ウルザトロンによるエルドラージデッキ
・コスト踏み倒しやリアニメイトなどの大型クリーチャーデッキ
・緑のマナクリーチャーを利用した多色デッキ
・青単メガパーミッションデッキ

dst_霊気の薬瓶

まだまだあるでしょうけれども、こういったものが組めそうです!また、アーティファクトが使えない制限によって、《霊気の薬瓶/AEther Vial》や《探検の地図/Expedition Map》などが使用不可能になり、単色の部族デッキやウルザトロンと言えどもフルパワーで戦えるとは言いがたいようです!

【欠片の双子】や【ジャンド】、【ボロスバーン】などの多色デッキは基本的には鳴りを潜めることとなり、普段の「モダン」とは一風変わったパワーバランスの大会イベントになりそうですね!



追加の情報が更新され次第、このページにも変更を加えていく予定です!
新フォーマットによるイベント、応援しています!

(=゚ω゚)ノ いじょう!