こんにちは、ぞうです!
zousan
11月22日(日)、グランプリ神戸2015に日本のマジック界隈が湧く中、こちらも長崎にて「第17回ぞうさん杯スタンダード」を開催させて頂きました!

20151124a

会場は恒例となりました「長崎市民会館文化ホール」。四季折々の花時計が目印の「魚の町公園」に隣接した多目的ホールです。今回もこちらの会議室を1つお借りして開催いたしました。


階段を上がり、入り口をくぐると2階受付ロビーのあるフロアへ。今回から当方主催のイベントはロビーにて「MTG交流会」としてアナウンスして頂いておりますので、一段と探しやすくなりました。市民会館を訪れて「MTG交流会」とあれば僕がいますので、心置きなくお越しください。写真ではちょうど「長崎ボードゲーム交流会」さんもアナウンスされていますね。

20151124b



 大会形式イベント

毎回恒例の大会形式イベントも行いました。
皆さん、それぞれ思い思いのデッキを持ち込まれていましたが、その中から【ジェスカイ・ブラック・アグロ】と【緑単エルドラージ・ランプ】の試合の様子を記録することができましたので、お伝えさせて頂きます。

第1ゲーム
先手【緑単エルドラージ・ランプ】

お互いワンマリガンで手札をキープし、占術で息を整えてからの立ち上がり。1ターン目、2ターン目と【ジェスカイ・ブラック】が土地をタップインする中、【緑単ランプ】は2体の《ジャディの横枝/Jaddi Offshoot》を展開し、着々とライフを得る手立てを整えます。

bfz_ジャディの横枝

5ターン目にようやく【ジェスカイ・ブラック】が最初の動きを見せ、《嵐の憤怒、コラガン/Kolaghan, the Storm's Fury》を展開するも【緑単ランプ】のライフはすでに36点。ここから、【ランプ】側は伸びに伸びたマナを利用し《搭載歩行機械/Hangarback Walker》をX=5でキャスト、さらに《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》の能力によって切り札である《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》をライブラリーから探し手札に加えます。
絶体絶命を突きつけられた【ジェスカイ・ブラック】ですが、ここはターン終了前に《ジェスカイの魔除け/Jeskai Charm》で《搭載歩行機械》をライブラリーに戻し、相手のテンポを遅らせる冷静さを発揮。盤面上の有利を保ちます。

bfz_絶え間ない飢餓、ウラモグ

次のターン、まずは《ウラモグ》が思うようにライフを奪えなかった《コラガン》を追放。もう1枚は《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》を選択し、カードアドバンテージを稼がせない構えを見せます。しかし、【ジェスカイ】も《はじける破滅/Crackling Doom》で応戦。見事に《ウラモグ》を除去した返しには、《雷破の執政/Thunderbreak Regent》を召喚し、一転して攻勢の動きを見せ、再度X=5で出し直された《搭載歩行機械》には高いタフネスを誇る《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death》が対応。

しばし、戦場の制空権を得たことで、盤面は一気に【ジェスカイ・ブラック】の優勢に傾きます。《シルムガル》のブロックを崩すべく能力を使う《搭載歩行機械》ですが、これが育ちきる前に【ジェスカイ】はさらに2体目の《雷破の執政》を投入。タフネスを越えられることとなった《シルムガル》までも攻撃に参加し、対戦相手のライフを一気に一桁まで削り取る猛攻を仕掛けます。

dtk_雷破の執政

ここで【緑単ランプ】は再度《ウラモグ》をドローしますが、時すでに遅し。もはや、能力によって2体の《雷破の執政》を対象に取ることは叶わず、呪禁である《シルムガル》も生き残ってしまうため、ここで第1ゲームの勝負が決しました。

20151124c
サイドボーディングを終え、入念にデッキをシャッフルする両プレイヤー。

第2ゲーム
先手【緑単エルドラージ・ランプ】

1ゲーム目を落とした【緑単ランプ】側が再度先手を選びゲームスタート。しかし、ここで痛恨のダブルマリガンが発生してしまいます。
2枚の手札を失いゲームを開始しますが、【緑単ランプ】はもっとも重要な《森/Forest》を置けず。【ジェスカイ】側もゆったりとした立ち上がりではありましたが、着々と準備を進め、先に《雷破の執政》を着地させます。

先手5ターン目、ようやく1枚目の《森》を引き込んだ【緑単ランプ】は、念願の緑マナを使用して《爆発的植生/Explosive Vegetation》。一気に土地を7枚まで伸ばし《森》も追加したことで、手札を放出する準備が整いますが、返しのターンに【ジェスカイ】は2体目の《雷破の執政》を召喚。マッチの勝利を決定せんとする攻勢を仕掛け、対戦相手に揺さぶりをかけます。

しかし、ここで【緑単ランプ】はサイドボードから投入した虎の子の1枚をキャスト。【ジェスカイ】のマナがタップアウトする隙を突いた《暴風/Windstorm》が戦場を吹き抜け、2体のドラゴンは能力を使うことなく撃沈。《ジャディの横枝》も登場しライフを繋いでいきます。

ktk_暴風

思わぬ反撃に攻め手を挫かれた【ジェスカイ】ですが、まだまだ終わらんとばかりに今度は《カマキリの乗り手/Mantis Rider》をドロー。運も味方につけ、攻撃の手を緩めません。【緑単ランプ】は土地の展開でライフを得るために《忘却蒔き/Oblivion Sower》を唱えますが、これが思ったようにいかず1枚止まり。さらに《精霊龍の安息地》によって、先ほどの《雷破の執政》を手札に戻され、ライフレースを仕掛けるのも困難な状況に。

ライフは残り3となった最終ターン。【緑単ランプ】のドローは最後の望みを繋ぐ《精霊信者の覚醒/Animist's Awakening》。

ori_精霊信者の覚醒

X=8で放たれた特大の願いは、しかしてデッキに響かず。公開した8枚中に土地・カードはわずか1枚。《ジャディの横枝》によって1点のライフを得るも、対戦相手の航空部隊を押し留めるには至らず、【ジェスカイ・ブラック・アグロ】の連勝によって、マッチの勝利が決定しました。



 優勝デッキ

と、いうわけで今回の優勝デッキは、たった今ご紹介した【ジェスカイ・ブラック・アグロ】でした!

20151124d

ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy》や《オジュタイの命令/Ojutai's Command》は採用せず、とにかく前へ前へという構成。【ダーク・ジェスカイ】よりも【ジェスカイテンポ】に似たデッキレシピとなっています。

ご使用になったのは、初参加のYさん!
優勝おめでとうございました!



 イベントはまだまだ続くよ!

20151124e

「スタンダード」で大会を行った後は、お待ちかねの統率者戦やフリー対戦に花を咲かせます!
皆さんカジュアルプレイヤーですが、それでも腹に一物あり!一人でも多くの対戦相手に勝つために、厳選したカードを叩きつけあいました!



ご参加頂いた皆さん、誠にありがとうございました!
次回のご参加もお待ちしております!

おかげさまで、明るく紳士的なプレイヤーが集まるイベントになってきております!
初心者の方、初参加の方も大歓迎です!一度、覗いてみてください!

開催報告!第17回ぞうさん杯スタンダード!!でした!
次回は12月20日(日)13:00~、テーマは「Pauper」です!
(=゚ω゚)ノ いじょう!