こんにちは、ぞうです!
zousan
まだまだ剥き足りない&遊び足りないの『ゲートウォッチの誓い』で、「シールド戦をやりましょう!」ということでしたので、参加させて頂きました!場所は中野屋さんにて!

使用パックは『ゲートウォッチの誓い』4つ+『戦乱のゼンディカー』2つ!


 カードプール

ひとまず、開封して並べてみたところ。
(※ 写真はクリックで大きい画像)

20160130a20160130b

白・・・クリーチャーのマナ・カーブがきれいで、除去もあり。枚数も多いので中心にしたい。
青・・・無理に触るほどでもない。

20160130c20160130d

黒・・・レアを3枚抱えるも、序盤が不安。クリーチャー除去もないので、サブカラーにしたい。
赤・・・大量の火力を確保できるのは魅力的だが、クリーチャーが弱い。

20160130e20160130f

緑・・・手広く仕事ができるクリーチャーが多い。しかし、クリーチャーしかいない。
他・・・黒緑の最強アンコモンがいるし、黒緑は土地もある。無色のレアはほぼバニラ。



 デッキ構築

というわけで、今回はカードプールが安定している白を中心にしてデッキを組んでいきます!
白1色だけでは若干カードが足りませんし、弱い部分もありますので色を足して補強していきます!

20160130g20160130h

白黒バージョン(左)と白緑バージョン(右)。

白黒は、「同盟者」と「エルドラージ」の二つでシナジーがバラけているのが難。全体的にクリーチャーも貧弱なので、序盤はテンポ良く展開できても安心できません。「嚥下」と追放除去で、「昇華者」の能力を使用できればベストムーヴ。レアがいっぱい入るのが利点。

白緑は、「エルドラージ」に関する能力を完全に切って優秀な緑のクリーチャーを採用したものの、ここまでシナジーを無視するならトコトンまでやりたいところ。強いカードを余らせるのも勿体無い。

20160130i

紆余曲折を経て、実戦投入したデッキはこちら。アブザン。
序盤をガッチリ固めてダメージレースをしつつ、タダでは死なないクリーチャー達を再利用。特殊地形のおかげで安定して無色マナまで供給できるので、チャンスがあれば「エルドラージ」の能力も使います。「飛行」と「到達」を持つクリーチャーが多く、盤面をコントロールしやすいのもミソ。



 実戦

R1 oo- vs.白黒
予定通りゆっくり消耗戦をして、《戦慄の汚染者/Dread Defiler》でしっとり決める展開。

R2 oo- vs.赤白
「《ギデオン》引きました!」とアピールしてから《平地》を出すので戦慄しましたが、あいにく登場ならず。

R3 oo- vs.黒赤緑
第1ゲームのマナフラッド対決を運良く制し、第2ゲームは相手の土地事故に乗じてそのまま勝ち。

ひさびさの全勝!ストレートです!気持ちえがった!



 その後・・・

20160130j

シールド戦と同じ箱からエクスペディるのであった。2回戦の対戦相手の方である。

1パックから《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》と《不毛の大地/Wasteland》!!さっき、ギデオン引いたって言ったやんけ!!どれだけ豪運なのか!!引き強い!!強すぎるよ!!ニッコニコしやがって!!よっしゃ、ズルゴマスクにしたろ!!



シールド戦楽しかったですよ!!

(=゚ω゚)ノ いじょう!