こんにちは、ぞうです!
zousan
「紙でPauper!」第6弾!
ひさびさの「Pauper」デッキ紹介です!6月18日(土)に「Gift Box」を賞品とした大会イベントを予定していますので、それを前に「みんなPauperやろうぜ!」という感じです!

サブblogと連動して、実際に組んだ場合のサイフポイントへのダメージも検証していきます!みなさんも顔を突き合わせて紙で「Pauper」をやりましょう!

パート1(青単フェアリー/黒単コントロール/緑単トロン)
パート2(赤単バーン/白単トークン/親和)
パート3(エスパーFamiliar/ウィーゼロックス/赤緑上陸)
パート4(青黒神秘の指導/ドメインZoo/緑単ストンピィ)
パート5(呪禁オーラ/Songs of the Damned/エルフ)

サブblog:そのデッキ、おいくらですか?
http://howmuch-mtg.doorblog.jp/

mrd_古えの居住地
Pauper」とは?
MagicOnlineでコモンとして収録されたことがあるカードのみを使用できる構築フォーマット。
公式で表記された際の読みは「パウパー」。
コモン構築ならではの手軽さと、マジックの長い歴史が育んだ芳醇なメタゲームを楽しめます。
禁止カードなどの細かいルールはMTG Wikiさんなどをご参考に。 


 拷問生活

sth_拷問生活

手札と墓地のクリーチャーを入れ替える《拷問生活/Tortured Existence》を利用して、その都度必要なカードを確保しゲームをコントロールするデッキ。手札から捨てられることで効果を発揮するカードも使用し、アドバンテージの面でも有利に立ちます。

参考:「アブザン拷問生活(Pauper)」。MagicOnline Pauper Premier #8842416 2015/10/04より。

ILUKIN
Pauper Premier #8842416 2015/10/04 3-0 / Pauper
3 《進化する未開地》
5 《森》
4 《ジャングルのうろ穴》
2 《平地》
4 《磨かれたやせ地》
5 《沼》

土地-23

1 《尊大なワーム》
1 《オーラ術師》
3 《墓所のネズミ》
1 《煙霧吐き》
3 《ゴルガリの茶鱗》
2 《グルマグのアンコウ》
4 《コーの空漁師》
1 《孤独な宣教師》
4 《サテュロスの道探し》
1 《臭い草のインプ》
1 《耕すツリーフォーク》

クリーチャー-22
4 《神々との融和》
4 《豊かな成長》
3 《未達への旅》
4 《拷問生活》

呪文-15
1 《未達への旅》
1 《アラシンの僧侶》
1 《赤の防御円》
2 《連合儀仗兵》
3 《死の重み》
3 《フェアリーの忌み者》
1 《一瞬の平和》
2 《クァーサルの群れ魔道士》
1 《枝細工下げの古老》

サイドボード-15

割とアレンジが利きやすく、必須カードである《拷問生活/Tortured Existence》もお値段控えめなので、かなり安めに組めて長く遊べるデッキです。上手に扱うためにはデッキの仕組みをよく知っておく必要がありますので、やや経験者向け。一緒に成長していくのも良いでしょう。イチから組んで¥4,000程度。



 ゴブリン

bok_ゴブリンの群勢

速さこそが正義の赤単ウィニーデッキ。デメリット能力こそあるものの、1マナ・2/2であるクリーチャーを大量に採用し、クリーチャー主体の高速ビートダウンで勝負を仕掛けます。そこに《モグの略奪者/Mogg Raider》や《火花鍛冶/Sparksmith》などのゴブリンシナジーを加え、より一層面白い駆け引きを生み出します。

参考:「ゴブリン(Pauper)」。Magic Online Pauper League 2016-05-17 (5-0) より。

Dark_Inspiration
Magic Online Pauper League 2016-05-17 (5-0) / Pauper
17 《山》
1 《ぐらつく峰》

土地-18

4 《鋳造所通りの住人》
4 《ゴブリンの奇襲隊》
4 《ゴブリンの群勢》
3 《ゴブリンのそり乗り》
4 《ジャッカルの使い魔》
4 《モグの徴集兵部隊》
3 《モグの略奪者》
4 《モグの戦争司令官》
4 《火花鍛冶》

クリーチャー-34
3 《死の火花》
4 《稲妻》
1 《火炎破》

呪文-8
3 《電謀》
2 《ゴリラのシャーマン》
3 《紅蓮破》
3 《シルヴォクの生命杖》
2 《鋭い痛み》
2 《粉々》

サイドボード-15

稲妻/Lightning Bolt》や《紅蓮破/Pyroblast》と言った、広く使われる人気のカードがコモンにしてはやや高く、¥300~400前後。それ以外は「スタンダード」でお世話になる歴代コモンの顔が揃い踏みといった具合なので、そこまで苦にはならないでしょう。平均価格で¥6,000弱のデッキです。



 スリヴァー

plc_筋力スリヴァー

部族デッキが続きまして、今度は「スリヴァー」デッキです。今回紹介するのは緑白タイプですね。レアのスリヴァーがいないため、「レガシー」や「モダン」のように飛んだり跳ねたりはしませんが、《筋肉スリヴァー/Muscle Sliver》を始めとした全体強化を大量投入した、所謂「12筋肉」状態ですので、ダメージによる除去やクリーチャー同士の戦闘に非常に強くなっております。

参考:「スリヴァー(Pauper)」。Magic Online Pauper League 2016-05-20 (5-0) より。

Wildbold
Pauper League 2016-05-20 (5-0) / Pauper
4 《花咲く砂地》
8 《森》
8 《平地》

土地-20

4 《板金スリヴァー》
4 《横這スリヴァー》
4 《悪性スリヴァー》
4 《筋肉スリヴァー》
4 《捕食スリヴァー》
4 《歩哨スリヴァー》
4 《筋力スリヴァー》
2 《紡績スリヴァー》

クリーチャー-30
2 《狩りの興奮》
4 《巨森の蔦》
4 《未達への旅》

呪文-10
1 《神聖》
4 《散弾の射手》
2 《太陽の槍》
4 《上機嫌の破壊》
2 《紡績スリヴァー》
2 《Holy Light》

サイドボード-15

様々なフォーマットで成立するデッキタイプですので、当然汎用性の高いカードはそれなりのお値段に・・・と、思いきや一番高くても《筋力スリヴァー/Sinew Sliver》の¥200前後です。意外とリーズナブル。部族デッキではありますが、クリーチャー除去やサイドボードには汎用性の高いものが使われているため、他のデッキに流用することが可能です。こちらもイチから組むと¥6,000弱。



以上、今回も3つのデッキをご紹介しました!

紙でPauper、やりましょう!パート6でした!
(=゚ω゚)ノ いじょう!