こんにちは、ぞうです!
zousan
6月も最終週となり、新セット『異界月』のプレビューも本格始動でしょうか!

MTG公式記事「月を超えて その1」より、新キーワード「合体」を持つ一組のカードが公開されました!両面カードへの新たなアプローチである「合体」!マジックの正解にどんな影響を与えてくれるのでしょうか!

紹介させて頂いたカードの一覧
http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
月を超えて その1
http://mtg-jp.com/reading/translated/mm/0017090/ 


 片方ずつでも使えるのがミソ

emn_夜深の死体あさり夜深の死体あさり (4)(B)
クリーチャー-人間・ならず者:コモン

夜深の死体あさりが戦場に出たとき、あなたの墓地から点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー・カード1枚を対象とする。あなたはそれをあなたの手札に戻してもよい。
(墓ネズミと合体する。)

3/3

《夜深の死体あさり/Midnight Scavengers》

まずは片割れ!戦場に出たときに墓地から3マナ以下のクリーチャーを回収できる、5マナ・3/3のクリーチャーであり、わりと優良なコモン!序盤に失ったクリーチャーを墓地から漁って、即座にアドバンテージを回復してくれます!

ですが、それだけでは終わらないのがこのカード!
左上には新たな何かを示すマークに、右下には第2面のパワーとタフネス!そしてなにより「墓ネズミと合体する。(Melds with Graf Rats.)」というなにやら見慣れない注釈が!

emn_墓ネズミ墓ネズミ (1)(B)
クリーチャー-ネズミ:コモン

あなたのターンの戦闘の開始時に、あなたが墓ネズミと「夜深の死体あさり」という名前のクリーチャーを1体コントロールしているとともにそれらのオーナーでもある場合、それらを追放し、その後それらを騒がしい徒党へと合体させる。

2/1

《墓ネズミ/Graf Rats》

というわけで、《夜深の死体あさり》の相方です!
単体では2マナ・2/1のバニラクリーチャーでしかありませんが、自分のターンの戦闘の開始時に《夜深の死体あさり》と一緒にコントロールしていると効果が誘発!合体して強力なクリーチャーに変貌します!

しかも、《夜深の死体あさり》の能力で再利用できるようにデザインされているため、リミテッド戦でも狙っていくことは十分可能でしょう!どちらのカードも自分がオーナーでなければならない点には注意です!

合体:
emn_騒がしい徒党騒がしい徒党
クリーチャー-エルドラージ・ホラー:コモン

速攻
威迫
騒がしい徒党が戦場に出たとき、ターン終了時まで、あなたがコントロールする他のクリーチャーは+1/+0の修整を受けるとともに威迫を得る。

5/6

《騒がしい徒党/Chittering Host》

そして、上の2枚が合体した姿がこちら!
とんでもない姿ですが、これもエムラクールの影響!クリーチャー・タイプは「エルドラージ」へと変化してしまいました!

「速攻」を持つため、「合体」前の召喚酔いをムシできる点が良好!《夜深の死体あさり》から繋げて7マナ・5/6・速攻・威迫として考えることもできそうです!
また、戦場に出たときに他の味方にも強化と「威迫」を与えるので、ゲームの決定打としても優秀です!「合体」する際に一旦追放されるので、「戦場に出たとき」とは合体して戻ってきたとき!黒らしからぬ奇襲性です!



通常の倍サイズの巨大パーマネントとして、盤面で異彩を放ちそうな「合体」カード!実際にゲームで使える日が楽しみですね!

公式サイト「月を超えて その1」より、新キーワード「合体」を持つ一組のカード!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!