こんにちは、ぞうです!
zousan
引き続き、新セット『異界月』に収録のカードをご紹介していきます!

今回は公式サイトAccess Magic、またMTG公式のTwitterアカウントにて公開された伝説の天使、ブルーナとギセラをチェックしていきます!

紹介させて頂いたカードの一覧
http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
Access Magic『Eldritch Moon』
http://magic.wizards.com/ja/home/eldritchmoon
MTG公式Twitterアカウント
https://twitter.com/mtgjp 


 シオカラーズ

第1面:
emn_折れた刃、ギセラ折れた刃、ギセラ (2)(W)(W)
伝説のクリーチャー-天使・ホラー:神話レア

飛行、先制攻撃、絆魂
あなたの終了ステップの開始時に、あなたが折れた刃、ギセラと「消えゆく光、ブルーナ」という名前のクリーチャーを1体コントロールしているとともにそれらのオーナーである場合、それらを追放し、その後それらを悪夢の声、ブリセラへと合体させる。

4/3

《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》

4マナ・4/3・飛行・先制攻撃・絆魂の伝説の天使・ホラー。
「合体」能力はさておき、3つもある常盤木能力が非常に強力。火力で処理されやすいタフネスの低さが無視できない弱点ですが、上手に回避させてあげれば優秀な航空戦力となってくれるでしょう。「絆魂」付きの攻撃が通り始めればライフレースを競うことすら許しません。

第1面:
emn_消えゆく光、ブルーナ消えゆく光、ブルーナ (5)(W)(W)
伝説のクリーチャー-天使・ホラー:レア

あなたが消えゆく光、ブルーナを唱えたとき、あなたの墓地から天使・クリーチャー・カード1枚か人間・クリーチャー・カード1枚を対象とする。あなたはそれを戦場に戻してもよい。
飛行、警戒
(折れた刃、ギセラと合体する。)

5/7

《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light》


7マナ・5/7・飛行・警戒の伝説の天使・ホラー。
《ギセラ》の「合体」の相方は少し重め。墓地から天使か人間1枚を復活させる能力を持ちますが、如何せん「唱えたとき」にしか誘発しないので、コストの重さの問題は決して解決しません。

《ギセラ》と共に使って合体を狙う場合には、マナランプ系のデッキで白を濃い目に触るのが得策でしょうか。

第2面(合体):

emn_悪夢の声、ブリセラ悪夢の声、ブリセラ
伝説のクリーチャー-エルドラージ・天使:神話レア

飛行、先制攻撃、警戒、絆魂
対戦相手は、点数で見たマナ・コストが3以下の呪文を唱えられない。

9/10

《悪夢の声、ブリセラ/Brisela, Voice of Nightmares》

《ギセラ》と《ブルーナ》が合体した姿であり、エルドラージ・天使というなんとも禍々しい組み合わせのタイプを持つ伝説のクリーチャー。
2人の天使が持っていたキーワード能力は全て継承しており、ボディの大きさも含めて圧倒的なフィニッシャー感。新たに手に入れた、対戦相手の3マナ以下の呪文を封印する能力が擬似的に除去耐性としても働くため、一度合体してしまえばその制圧力は相当なものになるでしょう。

ただし、本当に耐性を持っているワケではないので、《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》や《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》などには注意が必要。特にコントロールを奪われてしまうと目も当てられない事態になってしまいます。



公式サイトAccess Magicにて公開された2人の天使!ブルーナとギセラ、恐怖の合体!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!