こんにちは、ぞうです!
zousan
引き続き、新セット『異界月』に収録のカードをご紹介していきます!

今回は公式カードギャラリーにて、2016/06/30に公開されたカードをチェックしていきます!

紹介させて頂いたカードの一覧

http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
『異界月』公式カードイメージギャラリー
http://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/eldritch-moon


 変身しても無害

第1面:

emn_詮索好きのホムンクルス詮索好きのホムンクルス (1)(U)
クリーチャー-ホムンクルス:アンコモン

(T):あなたのマナ・プールに(C)を加える。このマナは、インスタント・呪文かソーサリー・呪文を唱えるためにのみ使用できる。
あなたのアップキープの開始時に、あなたの墓地にインスタント・カードやソーサリー・カードが合わせて3枚以上ある場合、詮索好きのホムンクルスを変身させる。

1/1
第2面:
emn_貪欲な読書家貪欲な読書家
クリーチャー-エルドラージ・ホムンクルス:アンコモン

果敢
あなたがインスタント・呪文やソーサリー・呪文を唱えるためのコストは(1)少なくなる。

3/4

第1面:《詮索好きのホムンクルス/Curious Homunculus》
第2面:《貪欲な読書家/Voracious Reader》

第1面ではインスタントかソーサリーにだけ使える無色マナを生み出し、第2面ではより多くの呪文に貢献できるマナ・コスト軽減能力を備えているホムンクルス・クリーチャー。

変身条件は、「スタンダード」ならば「魔巧」を達成するのと同じ感覚で満たせそうですが、誘発するタイミングの都合で1/1のまま相手のターンを越えなければならないのが難点。このカードを活かせる構築であれば、これを守る手段も豊富でしょうから、上手に変身させてアタッカーとして利用したいですね。《オジュタイの命令/Ojutai's Command》などで相手の終了ステップに復活させるのも良いでしょう。第2面の3/4・果敢はかなり強力です。



emn_巧妙なスカーブ巧妙なスカーブ (2)(U)
クリーチャー-ゾンビ・ホラー:コモン

果敢
(U):ターン終了時まで、巧妙なスカーブは+1/-1の修整を受ける。

2/3

《巧妙なスカーブ/Ingenious Skaab》

「果敢」が付いた《狩漁者/Watercourser》と言えば、それだけで恐ろしさが伝わるプレイヤーもいるでしょうか。
おそらく、リミテッド戦では青の主力となるクリーチャー。3マナ・2/3・果敢だけでも強く。このブロックの青は「ゾンビ」でのシナジーも期待できますので、ドラフトならば早めにピックしておいて問題ありません。コモンカードですので、頻繁に顔を見ることになるでしょう。



emn_憑依された死体憑依された死体 (3)(B)
クリーチャー-ゾンビ:アンコモン

憑依された死体が戦場に出たとき、飛行を持つ白の1/1のスピリット・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
(1)(B),カード2枚を捨てる:あなたの墓地から憑依された死体をタップ状態で戦場に出す。

2/2

《憑依された死体/Haunted Dead》


死体と霊魂で1セットのゾンビ・クリーチャー。
本体とトークンで二人合わせて4マナ・3/3相当。自分の身体をゾンビ化して操っているようなデザインとなっており、一応自力で復活できる能力も備えているため、リミテッド戦などで長期戦になったときには役に立ちそうです。インスタント・タイミングで2体のブロッカーを用意できる点も見逃せません。

『イニストラードを覆う影』の《グール馬/Ghoulsteed》や《縫い翼のスカーブ/Stitchwing Skaab》と同様に、「マッドネス」を持つカードと組み合わせると無駄がなく、より大きな効果を得られるでしょう。



emn_流城の死刑囚流城の死刑囚 (B)(B)
クリーチャー-吸血鬼・ホラー:レア

カード1枚を捨てる:ターン終了時まで、あなたがコントロールする吸血鬼は+1/+1の修整を受ける。この能力は、毎ターン1回のみ起動できる。

2/2

《流城の死刑囚/Stromkirk Condemned》

手札を捨てて、吸血鬼への全体強化を行える2マナ・2/2の吸血鬼・ホラー。
マナを使わず手札を捨てられるので、「マッドネス」を主体とした吸血鬼デッキをより盤石なものへと強化してくれる1枚。「マッドネス」のためのコストを残したまま動けるため、少ないマナからでも柔軟性のある動きが可能です。赤黒などでデッキを多色にすると、序盤から展開したい場合に黒のダブルシンボルの支払いが難しそうなので、その点を解決できる構築や使用法が求められますね。

ちなみに「マッドネス」を持つ吸血鬼を捨てて起動した場合、捨てたカードの「マッドネス」の解決の方が先ですので、コストに充てた吸血鬼も戦場に出て一緒に強化されるかたちになるため、このカードを防御手段として使いたいタイミングでは大切なテクニックになってきます。



第1面:
emn_ヴォルダーレンの下層民ヴォルダーレンの下層民 (3)(B)(B)
クリーチャー-吸血鬼・ホラー:レア

飛行
他のクリーチャー3体を生け贄に捧げる:ヴォルダーレンの下層民を変身させる。
マッドネス (B)(B)(B)

3/3
第2面:
emn_血統の撤廃者血統の撤廃者
クリーチャー-エルドラージ・吸血鬼:レア

飛行
このクリーチャーが血統の撤廃者に変身したとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャー3体を生け贄に捧げる。

6/5

第1面:《ヴォルダーレンの下層民/Voldaren Pariah》
第2面:《血統の撤廃者/Abolisher of Bloodlines》

他のクリーチャーを3体生け贄に捧げ、「変身」すると対戦相手にも同じことを要求する、吸血鬼・クリーチャー。第1面が5マナ・3/3・飛行とやや貧弱なので、手早く変身させてしまうか、「マッドネス」で唱えて隙を減らしたいところ。
「変身」のためのコストを支払ったところで除去されてしまうと、目も当てられない事態になるので、なるべく損失を抑えるためにも、クリーチャーを生け贄にすることが得意な「ハスク」系のようなデッキをベースにして戦術を組み立てたいところです。



emn_老いたる深海鬼老いたる深海鬼 (8)
クリーチャー-エルドラージ・タコ:レア

瞬速
現出 (5)(U)(U)
あなたが老いたる深海鬼を唱えたとい、パーマネント最大4つを対象とし、それらをタップする。

5/6

《老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend》


現出コストを持つ、8マナ・5/6・瞬速のエルドラージ・タコ。
「瞬速」と「現出」の組み合わせにより、除去などの対象となったクリーチャーをコストにして召喚できるようになっているのが優秀。唱えるタイミングを選ばず隙も生まれづらいので、通常のマナ・コストで唱えることも些か苦にはなりません。

また、唱えたときに誘発するタッパー能力も強力。「瞬速」であることを活かしてフェイズやステップの終了間際に唱え、対戦相手の土地を寝かせてしまうだけでも、そのターンを非常に有利に進めることができますね。特に、対戦相手のアップキープ・ステップや終了ステップに唱えるのがオススメです。本体は残るならラッキー。



《詮索好きのホムンクルス》《流城の死刑囚》など、公式カードギャラリーより!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!