こんにちは、ぞうです!
zousan
引き続き、新セット『異界月』に収録のカードをご紹介していきます!

今回は公式カードギャラリーにて、2016/07/01に公開されたカードの残りをチェックしていきます!週をまたいでゆっくりやらせて頂いております!

紹介させて頂いたカードの一覧

http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
『異界月』公式カードイメージギャラリー
http://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/eldritch-moon


 ジブリで見たやつ

emn_州民を滅ぼすもの州民を滅ぼすもの (10)
クリーチャー-エルドラージ・猪:神話レア

現出 (6)(G)(G)(G)
あなたが州民を滅ぼすものを唱えたとき、ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにトランプルを得る。
トランプル、速攻

7/7

《州民を滅ぼすもの/Decimator of the Provinces》

「現出コスト」を持つ、10マナ・7/7・トランプル・速攻のエルドラージ・猪。
唱えたときに誘発する《踏み荒らし/Overrun》系の能力を持っており、叩きつけると爽快なクリーチャー。「現出」の生け贄でクリーチャーを減らしてしまうと能力の効果が薄れてしまいますが、本体のサイズがそもそも強烈ですので1体くらい大したことではないでしょう。マナランプ系のデッキであれば、本来のマナ・コストで唱えることもあるかもしれません。

「現出」コストの色マナが濃いため、どれだけ減らしても最低3マナは必要。本体は捨てて打ち消されづらい《踏み荒らし》だと割り切るにしても、6マナ(=3マナを生け贄)くらいでは唱えたいところです。
4マナ以上となるとデッキによっては主力や切り札級のクリーチャーですので、コストにしてしまうのはなかなか気が引けますが、「上陸」で復活できる《アクームの火の鳥/Akoum Firebird》や、「飛行」を持つトークンを用意できる《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》、《つむじ風のならず者/Whirler Rogue》など相性の良いクリーチャーは少なからず存在していそうです。もちろん、他の「現出」持ちクリーチャーを生け贄にするのもありですね。



emn_永遠の災い魔永遠の災い魔 (3)
クリーチャー-エルドラージ・ホラー:レア

あなたは追放領域から永遠の災い魔を唱えてもよい。
永遠の災い魔が対戦相手がコントロールする呪文か能力の対象になったとき、永遠の災い魔を追放する。

3/3

《永遠の災い魔/Eternal Scourge》

追放領域から自身を唱えられる能力を持つ、3/3のエルドラージ・ホラー。
さらに対戦相手がコントロールする呪文や能力の対象になると勝手に追放されるオマケつきとなっており、一旦登場されてしまうとなかなか厄介なクリーチャー。打ち消しや手札破壊などで、戦場を介せず墓地に送り込む必要がありますね。

さらに「モダン」などでは《安らかなる眠り/Rest in Peace》を置くだけで永久機関。打ち消されようが追放されるようになるため、3マナ払えば何度でもトライすることができます。《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》でも妨害できないので割とメチャクチャですね。



emn_狼の試作機狼の試作機 (2)
アーティファクト・クリーチャー-狼・構築物:レア

すべてのプレイヤーの手札にカードがあるかぎり、狼の試作機では攻撃したりブロックしたりできない。

5/5

《狼の試作機/Lupine Prototype》


自身の攻撃とブロックに制限を持つ、2マナ・5/5のアーティファクト・クリーチャー。
「すべてのプレイヤーの手札にカードがあるかぎり」という条件がやや分かり難いですが、

すべてのプレイヤーの手札にカードがある(2人対戦の場合)とは、

プレイヤーA:手札にカードがある
プレイヤーB:手札にカードがある

という状態ですので、これ以外では攻撃やブロックができます。いずれかのプレイヤーの手札にカードが無ければ(手札が0枚ならば)良いのです。

英語原文では「unless a player has no cards in hand.」なので、意訳してしまうならば「手札にカードを持たないプレイヤーがいなければ、狼の試作機では攻撃したりブロックしたりできない。」と、なるでしょうか。



emn_ガイアー岬の療養所ガイアー岬の療養所
伝説の土地:レア

(T):あなたのマナ・プールに(C)を加える。
(2),(T):各プレイヤーはそれぞれ、カードを1枚引き、その後カード1枚を捨てる。

《ガイアー岬の療養所/Geier Reach Sanitarium》


プレイヤー全員に手札の交換をさせる能力を持つ、伝説の土地。
引いてから捨てるタイプなので、対戦相手の手札の質を自ずと高めてしまうのが難点。現在の「スタンダード」であれば、ついでに「マッドネス」までされそうなので、使用するタイミングを選びたいですね。

迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》と組み合わせて、相手のターン中に起動してしまえば、たちまち凶悪なコンボに早変わりするので、「モダン」や「レガシー」ではより出番があるかもしれません。



《州民を滅ぼすもの》《永遠の災い魔》など、公式カードギャラリーより!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!