こんにちは、ぞうです!
zousan
今週もスポイラーが始まりましたね!
引き続き、新セット『異界月』に収録のカードをご紹介していきます!

今回は公式記事「月を超えて その2」にて公開された、伝説の蜘蛛をチェックします!

紹介させて頂いたカードの一覧

http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
月を超えて その2
http://mtg-jp.com/reading/translated/mm/0017112/


 初の伝説の蜘蛛ですよ

emn_墓後家蜘蛛、イシュカナ墓後家蜘蛛、イシュカナ (4)(G)
伝説のクリーチャー-蜘蛛:神話レア

到達
昂揚-墓後家蜘蛛、イシュカナが戦場に出たとき、あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれる場合、到達を持つ緑の1/2の蜘蛛・クリーチャー・トークンを3体戦場に出す。
(6)(B):対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはあなたがコントロールする蜘蛛1体につき1点のライフを失う。

3/5

《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》


公式記事にもあるように、「統率者」としてリクエストが高かった部族第2位の伝説の蜘蛛・クリーチャー。
唱えるためのマナ・コストに緑、起動能力のコストに黒のマナシンボルが含まれるため、《イシュカナ》を「統率者」とした場合の固有色は黒と緑です。

部族としての「蜘蛛」が目指す、墓地を肥やしてそれを利用するという性質をそのまま活かせるように、「昂揚」能力を持っており、効果も蜘蛛・トークンを呼び出すもの。起動能力も「蜘蛛」に関係していますので、デッキを蜘蛛一色にするのが捗りますね。

たまに白かったり赤かったりする蜘蛛が存在しているので、すべての蜘蛛関連のカードを詰め込んだ「統率者戦」用のデッキを組むことは実はできないのですが、それでもほとんどのカードが固有色の内に収まります。

c15_蜘蛛の襲来

『統率者2015』ではちょうど《蜘蛛の襲来/Arachnogenesis》なんてカードも収録されていましたし、蜘蛛フリークのプレイヤーにとっては、本当に待望となる統率者でしょうね。



公式記事「月を超えて その2」より、蜘蛛を統べる伝説の蜘蛛・クリーチャー!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!