こんにちは、ぞうです!
zousan
引き続き、新セット『異界月』に収録のカードをご紹介していきます!

今回は公式カードギャラリーにて、2016/07/06に公開されたカードをチェックしていきます!

紹介させて頂いたカードの一覧

http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
『異界月』公式カードイメージギャラリー
http://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/eldritch-moon


 矢、抜いてもええんやで


emn_無私の霊魂無私の霊魂 (1)(W)
クリーチャー-スピリット・クレリック:レア

飛行
無私の霊魂を生け贄に捧げる:ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは破壊不能を得る。

2/1

《無私の霊魂/Selfless Spirit》

自身を犠牲にして味方を守る、2マナ・2/1・飛行のスピリット・クレリック。
序盤からクロック源として戦力になり、いざとなったら味方全体に「破壊不能」という動きが強力。惜しむらくは、登場時の「スタンダード」の全体除去が《衰滅/Languish》などの破壊を介さないものに集中していることでしょうか。

スピリットであることを活かして《鎖鳴らし/Rattlechains》で「瞬速」を得ることもできるので、使い道次第で様々なデッキに採用されそうですね。



emn_即時却下即時却下 (2)(U)(U)
インスタント:レア

他の呪文すべてを追放し、能力すべてを打ち消す。

《即時却下/Summary Dismissal》

少々重いですが、あらゆる呪文や能力に対処可能なインスタント。
「打ち消されない」と書かれた呪文もスタック上から取り除くため解決されず、手札に戻さず追放するため、再利用すら許しません。これまで対処が難しかったプレインズウォーカーの忠誠度能力にも対応できるので、もしかしたら使うタイミングもあるかもしれませんね。

また、スタック上にあるもの全てに有効ですので、「唱えたとき」に誘発する最近のエルドラージたちにも、本体と能力をまとめて対処可能。《ウラモグ》だろうと《エムラクール》だろうと知ったことではありません。最初っからやろう。な?



emn_取り繕い取り繕い (U)
インスタント:コモン

あなたがコントロールするパーマンネントを対象とする呪文1つを対象とし、それを打ち消す。

《取り繕い/Turn Aside》


『ミラディンの傷跡』でも収録されていた、1マナのインスタント。
こちらのパーマネントを対象とする呪文であれば、1マナで何でも打ち消すことができ、クリーチャー除去などに広く対応できます。プレイヤーを対象にされたものが打ち消せないのだけが弱点。



emn_墓所破り墓所破り (B)
クリーチャー-ゾンビ:レア

(1)(B),(T),カード1枚を捨てる:黒の2/2のゾンビ・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
あなたがコントロールするアンタップ状態のゾンビ3体をタップする:あなたはカードを1枚引き、あなたは1点のライフを失う。

1/1

《墓所破り/Cryptbreaker》

「マッドネス」と「ゾンビ」を繋ぐ、1マナ・1/1のゾンビ。
早いターンに展開すると「マッドネス」を利用するためのマナが余らないことが多々ありそうですが、何にせよ2/2のトークンは出ますので、1ターン目に《墓所破り》を出し、2ターン目からマナを構えつつどんどんゾンビの仲間を呼び出すのも良いでしょう。

また、ドロー能力も備えており、こちらはマナもいらずタップ能力でもないので、頭数さえ揃っていれば着地した直後から使用可能。じっくり攻めたい場合には、こちらの能力が使えるようになってから出すと良さそうです。



emn_嘆きのグール嘆きのグール (1)(B)
クリーチャー-ゾンビ:コモン

嘆きのグールが戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚あなたの墓地に置く。

1/3

《嘆きのグール/Wailing Ghoul》

戦場に出たとき、墓地を肥やしてくれる2マナ・1/3のゾンビ。
墓地利用の準備を整えつつ、序盤の壁役を任せられるので、意外と強そう。「Pauper」でなら、タフネス3のゾンビはなかなかの除去耐性です。同型のクリーチャーもいないので、ちょっと使ってみたくなる1枚。



emn_ファルケンラスの肉裂きファルケンラスの肉裂き (1)(R)
クリーチャー-吸血鬼:コモン

2/2

《ファルケンラスの肉裂き/Falkenrath Reaver》


あまり見かけない、デメリットを持たずシングルシンボルである赤い「熊」。
もしかしたら、初めてかも知れません。

だとしたところで何の能力も持ちませんので、おそらくリミテッド戦でお世話になる程度。



emn_鏡翼のドラゴン鏡翼のドラゴン (3)(R)(R)
クリーチャー-ドラゴン:神話レア

飛行
プレイヤーが鏡翼のドラゴンのみを対象とするインスタント・呪文かソーサリー・呪文を1つ唱えるたび、そのプレイヤーは、その呪文が対象にできるそのプレイヤーがコントロールする他のクリーチャー1体につき、その呪文を1回コピーする。各コピーは、それらのクリーチャーのうち別々のものを対象とする。

4/5


《鏡翼のドラゴン/Mirrorwing Dragon》


自身を対象とするインスタントやソーサリーを、それを唱えたプレイヤー側に《放射/Radiate》する、5マナ・4/5・飛行のドラゴン・クリーチャー。

対戦相手が《鏡翼のドラゴン》に除去を打てば、それが敵軍全体にコピーされる、といった具合に擬似的な除去耐性のようにも働きますし、《面晶体の掘削者、ザダ/Zada, Hedron Grinder》のように、有益な呪文の対象として自軍全体に効果を及ぼすといった使い方もできますが、逆に総攻撃に際して1枚の《巨大化/Giant Growth》を全体強化に変えられてしまうということもあり得ますので、すべてがメリットに働くわけではなく、より赤の混沌とした面が押し出されたカードになっています。

反逆の行動/Act of Treason》などのコントロール奪取であれば相手はまったく損をしませんし、《促進/Expedite》を打たれようものなら大量にカードを引かれてしまうことになるでしょう。それらのカードを使う相手には十分注意しておきたいですね。



《無私の霊魂》《鏡翼のドラゴン》など、公式カードギャラリーより!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!