こんにちは、ぞうです!
zousan
『異界月』のフルスポイラーが公開されましたね!
今回も全205種類の収録カードを順次チェックしていこうと思います!

今回は『EMN』に収録される中から、《集団的努力》など白のカードをピックアップ!

emn_集団的努力

紹介させて頂いたカードの一覧

http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
『異界月』公式カードイメージギャラリー
http://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/eldritch-moon


 「みんなでがんばってね、ギデオン」

emn_集団的努力集団的努力 (1)(W)(W)
ソーサリー:レア

増呪-あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャー1体をタップする。
以下から1つ以上を選ぶ。
・パワーが4以上のクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
・エンチャント1つを対象とし、それを破壊する。
・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーがコントロールする各クリーチャーの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。

《集団的努力/Collective Effort》

「増呪」付きの3マナソーサリー。
増呪コストが「あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャー1体をタップする。」となっており、「共謀/Conspire」っぽい感じもありますね。

モードは上からそれぞれ《大物潰し/Smite the Monstrous》と《啓蒙/Demystify》に+1/+1カウンターによる全体強化。それぞれ活かせる状況が限られてはいますが、「増呪」のためにクリーチャーを並べる必要があるため3つ目のモードが腐ることはないでしょう。「召喚酔い」したクリーチャーでも増呪コストは支払えますので、攻撃できないorする必要のないクリーチャーを使って、より高い効果を生み出したいですね。



emn_シガルダの助けシガルダの助け (W)
エンチャント:レア

あなたは、オーラ・呪文や装備品・呪文を、それが瞬速を持っているかのように唱えてもよい。
装備品が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、クリーチャー1体を対象とする。あなたはその装備品をそのクリーチャーにつけてもよい。

《シガルダの助け/Sigarda's Aid》

オーラや装備品をインスタント・タイミングで唱えられるようになるエンチャント。
1マナなので設置しやすいですし、オマケに装備品をオーラのように扱うことができるようになるので奇襲性が高くなって良いですね。実質1回目の装備コストの踏み倒しですので、本体は軽いのに装備コストが重い装備品と一緒に使うといい感じです。《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》で除去を回避できたりもするので、「統率者戦」でも採用できそうな1枚。



emn_恩寵借用恩寵借用 (2)(W)
インスタント:コモン

増呪 (1)(W)
以下から1つまたは両方を選ぶ。
・ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは+2/+0の修整を受ける。
・ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは+0/+2の修整を受ける。

《恩寵借用/Borrowed Grace》


「増呪」が付いた《補強/Fortify》。リミテッド戦の貴重な全体強化。また、どちらも唱えるという選択肢が生まれた単純な上位互換になっていますので、「Pauper」での活躍も見られそうです。



emn_絞首束縛絞首束縛 (2)(W)
エンチャント-オーラ:コモン

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーでは攻撃したりブロックしたりできない。
(3)(W)(W),絞首束縛を生け贄に捧げる:エンチャントされているクリーチャーを追放する。

《絞首束縛/Choking Restraints》

1マナ重くなった代わりにあとから追放除去にもなれる《平和な心/Pacifism》。追放する能力のコストが5マナと重いので、こちらを使うタイミングはあまりないと思いますが、厄介な能力を持つクリーチャーを完全に除去したい場合には無理を押して使うこともありそうです。



emn_捨て身の歩哨捨て身の歩哨 (2)(W)
クリーチャー-人間・兵士:コモン

捨て身の歩哨が死亡したとき、無色の3/2のエルドラージ・ホラー・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
昂揚-あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれるかぎり、捨て身の歩哨は+3/+0の修整を受ける。

1/2

《捨て身の歩哨/Desperate Sentry》

死亡時にエルドラージ・トークンを残す、3マナの人間・兵士。
「昂揚」達成で自力で4/2まで強化されるため中盤以降は戦力として数えられますし、死んでも3/2が残るので、チャンプブロックや生け贄に使っても損になりません。デッキによっては、構築戦でも顔を見ることになりそうですね。



emn_信仰持ちの聖騎士信仰持ちの聖騎士 (4)(W)
クリーチャー-人間・騎士:コモン

絆魂

3/4

《信仰持ちの聖騎士/Faithbearer Paladin》

5マナ・3/4・絆魂の人間・騎士。
コモンですので、コストの割に若干物足りない性能ですが、元がそれなりのサイズだけに装備品やオーラで強化すると途端に手が付けられなくなりますので、リミテッド戦で少数採用する分には活躍してくれるでしょう。『イニストラードを覆う影』の《乗馬術/Equestrian Skill》などが相方としてピッタリですね。



emn_悪鬼を縛る者悪鬼を縛る者 (3)(W)
クリーチャー-人間・兵士:コモン

悪鬼を縛る者が攻撃するたび、防御プレイヤーがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それをタップする。

3/2

《悪鬼を縛る者/Fiend Binder》

マナ・コストとサイズが上昇した《陽動の達人/Master of Diversion》の上位種。
厄介なブロッカーを排除して戦闘をしやすくするのが仕事なのは相変わらず。戦場にいることで対戦相手は1体余計にブロッカーを用意しなければならないため、その点でも有利になりますね。パワーも3点と低くないため、十分にダメージレースに貢献してくれるでしょう。



emn_巡礼者の守護霊巡礼者の守護霊 (1)(W)
クリーチャー-スピリット・クレリック:コモン

巡礼者の守護霊が戦場に出たとき、クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+1/+1の修整を受ける。

2/2

《巡礼者の守護霊/Guardian of Pilgrims》

2マナ・2/2のスピリット・クレリックであり、《キンズベイルの散兵/Kinsbaile Skirmisher》の同型再販。
スピリットなのが「イニストラードを覆う影ブロック」では若干のメリット。「飛行」こそ持ちませんが、リミテッド戦を始め、アグロデッキの序盤を支えてくれるカードになるでしょう。



《集団的努力》《シガルダの助け》など、公式カードギャラリーより!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!