こんにちは、ぞうです!
zousan
『異界月』のフルスポイラーが公開されましたね!
今回も全205種類の収録カードを順次チェックしていこうと思います!

今回は『EMN』に収録される中から、《直接射撃》など緑のカードをピックアップ!

emn_直接射撃

紹介させて頂いたカードの一覧

http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
『異界月』公式カードイメージギャラリー
http://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/eldritch-moon


 当たると痛いぞ!

emn_直接射撃直接射撃 (2)(G)
インスタント:アンコモン

あなたがコントロールするクリーチャー1体と、あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、その前者は+1/+1の修整を受ける。その前者はその後者に、自身のパワーに等しい点数のダメージを与える。

《直接射撃/Clear Shot》


クリーチャーの強化もしてくれる《尾の切りつけ/Tail Slash》。
ほぼ「格闘」の上位種である効果となっており、これまでも《狂気の一咬み/Rabid Bite》や《月夜の狩り/Moonlight Hunt》が同様のことをしていましたが、ようやく汎用性の高いものが登場しました!

クリーチャーこそ必要なものの、緑単色からでも使えるインスタントのクリーチャー除去となり、上手に使えばコンバット・トリックにもなり得るため、かなり器用なカードだと思えます。



emn_収穫の印章収穫の印章 (G)
エンチャント:アンコモン

あなたのアップキープの開始時に、あなたは、あなたのライブラリーの一番上のカードをあなたの墓地に置いてもよい。
昂揚-(2)(G),収穫の印章を生け贄に捧げる:あなたの墓地から、クリーチャー・カード最大1枚と土地・カード最大1枚を対象とし、それらをあなたの手札に戻す。この能力は、あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれるときにのみ起動できる。

《収穫の印章/Crop Sigil》

「昂揚」をサポートしつつ、達成後は墓地のカードと交換できる1マナのエンチャント。
回収できるカードはクリーチャーと土地に限定されていますが、それぞれ最大1枚まで対象にできるので、1マナのカードながら、カードアドバンテージに繋げていくことも可能。

ライブラリーを削る能力も任意ですので、リミテッド戦でも山札切れで自爆してしまう心配もありません。分割払いできる再利用カードだと考えて、デッキに採用するのも面白いかもしれませんね。



emn_邪悪の使者邪悪の使者 (2)(G)
クリーチャー-人間・ホラー:アンコモン

邪悪の使者が戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚見る。あなたはそれらの中からクリーチャー・カード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
あなたが現出を持つ呪文を唱える間に邪悪の使者を生け贄に捧げたとき、無色の3/2のエルドラージ・ホラー・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。

1/1

《邪悪の使者/Foul Emissary》


ほぼ《自然との融和/Commune with Nature》であるクリーチャーサーチを内蔵した、3マナ・1/1の人間・ホラー。現出コストのための生け贄にした場合には3/2のトークンを残すので、是非サーチ能力から「現出」持ちのクリーチャー・カードを探しておきたいところ。

「現出」を持つクリーチャーは黒、緑、青の3色に配分されているので、リミテッド戦ではそのあたりも意識してデッキを組みたいですね。



emn_辺境林の生存者辺境林の生存者 (3)(G)
クリーチャー-人間・戦士:コモン

昂揚-あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれるかぎり、辺境林の生存者は+1/+1の修整を受けるとともにトランプルを持つ。

4/3

《辺境林の生存者/Backwoods Survivalists》


「昂揚」によって強化される4マナ・4/3の人間・戦士。
そのままでもリミテッド戦では実用範囲内ですが、「昂揚」を達成することで5/4・トランプルの一線級のクリーチャーへと変貌。イニストラード人の恐ろしさを垣間見せてくれます。



emn_血茨血茨 (2)(G)
クリーチャー-植物・エレメンタル:コモン

あなたが他のパーマネントを1つ生け贄に捧げるたび、血茨の上に+1/+1カウンターを1個置く。

2/3

《血茨/Bloodbriar》

自軍のパーマネントが生け贄になるたびにパワーアップする、3マナの植物・エレメンタル。
基礎となるパワーとタフネスもそれなりであり、「パーマネントを生け贄に捧げる」だけの条件ならば多種多様なカードが満たしてくれますので、さまざまな戦術と組み合わせてみたい1枚です。

例えば《進化する未開地/Evolving Wilds》や「手がかり」のトークンを生け贄にしても効果が誘発するため、意識せずともどんどん成長してくれそう。コモンですので「Pauper」に相性の良いデッキを求めても良さそうです。



emn_岐路の聖別者岐路の聖別者 (G)
クリーチャー-人間・クレリック:コモン

(G),(T):攻撃している人間1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+1/+1の修整を受ける。

1/2

《岐路の聖別者/Crossroads Consecrator》

「人間」を強化する能力を持つ、1マナ・1/2の人間・クレリック。
対象は「攻撃している人間1体」ですので、意外と使い道が狭そうなのが気になりますが、縦の攻撃力が必要な場合に有効になってきますので、主にリミテッド戦などで活躍してくれるでしょう。

変わったところでは《粗暴者の貶め/Humble the Brute》などのパワーの値を参照するカードと組み合わせて、相手の人間・クリーチャーを除去の効果範囲に入れてしまう手もありますので、覚えておくと使うタイミングがあるかもしれません。



《直接射撃》《収穫の印章》など、公式カードギャラリーより!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!