こんにちは、ぞうです!
zousan
『異界月』のフルスポイラーが公開されましたね!
今回も全205種類の収録カードを順次チェックしていこうと思います!

今回は『EMN』に収録される中から、《ドラグスコルの盾仲間》など白のカードをピックアップ!

emn_ドラグスコルの盾仲間

紹介させて頂いたカードの一覧

http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
『異界月』公式カードイメージギャラリー
http://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/eldritch-moon


 スピリット、白は守護霊、青はお化け

emn_ドラグスコルの盾仲間ドラグスコルの盾仲間 (2)(W)
クリーチャー-スピリット・兵士:アンコモン

瞬速
ドラグスコルの盾仲間が戦場に出たとき、ターン終了時まで、あなたがコントロールする他のクリーチャーは+0/+1の修整を受ける。

2/3

《ドラグスコルの盾仲間/Drogskol Shieldmate》


登場時に味方のクリーチャーを強化する、3マナ・2/3・瞬速のスピリット・兵士。
タフネスに1点のみの微々たる修整ですが、自陣の他のクリーチャーすべてに効果が及び、「瞬速」を持っているため、攻撃時にもブロック時にも相手の不意を突いた仕事ができるのがポイント。

ちょうど、公式サイトでも英霊たちと共に戦う聖トラフト騎士団のストーリーが公開されていますので、そちらとも合わせて楽しみたい1枚です。

聖トラフトと空駆る悪夢

http://mtg-jp.com/reading/translated/ur/0017137/ 



emn_揺るぎない信仰揺るぎない信仰 (3)(W)
エンチャント-オーラ:アンコモン

エンチャント(あなたがコントロールするクリーチャー)
揺るぎない信仰が戦場に出たとき、対戦相手がコントロールするクリーチャー1体を対象とし、揺るぎない信仰が戦場を離れるまでそれを追放する。
エンチャントされているクリーチャーは+2/+2の修整を受ける。

《揺るぎない信仰/Faith Unbroken》

オーラによる強化とクリーチャー除去を同時に行える、4マナのエンチャント。
1枚でふたつの働きをするため得られる効果がとても大きく、戦況を一変させ得るパワーを持ったカードです。

代わりに、エンチャント先のクリーチャーを除去されてしまうと一気に形勢不利に陥るので、ここぞという場面で使って一気に勝負を決めてしまいたいところです。



emn_孤独な夜番の霊孤独な夜番の霊 (1)(W)
クリーチャー-スピリット・クレリック:アンコモン

防衛、飛行
昂揚-あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれるかぎり、孤独な夜番の霊は防衛を持たないかのように攻撃できる。

2/3

《孤独な夜番の霊/Geist of the Lonely Vigil》


「防衛」こそ持ってはいますが、2マナ・2/3・飛行という優秀さですので、序盤の守りを任せるのに十分なクリーチャー。「昂揚」達成後は攻撃にも参加できるようになるので、飛行クロックとして数えるために積極的に狙ってみるのも良いでしょう。

倒し霊/Topplegeist》などと合わせて、白系の「昂揚」デッキを組むのも面白いですね。



emn_一所懸命一所懸命 (3)(W)
インスタント:アンコモン

クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+2/+6の修整を受けるとともに、このターン、それは望む数のクリーチャーをブロックできる。

《一所懸命/Give No Ground》

クリーチャー1体を大幅に強化する、4マナのインスタント。
望む数のクリーチャーをブロックできることを利用すると、ブロッカー1体のみを残して総攻撃するといった選択肢も生まれるため、戦闘の掛け引きを非常に面白くしてくれる1枚。当然、除去されてしまう危険を残しているので、状況の判断も大切ですね。

また、効果全体とは裏腹に攻撃クリーチャーに対して使用することもできますので、複数体でブロックされたクリーチャーを守りたい場合には、タフネスに対する修整の高さが功を奏すでしょう。
他のプレイヤーのクリーチャーにも使えるので、「統率者戦」などの多人数戦で協力関係を結びたいときなどにも有効かもしれませんね。



emn_鉄覆いの処刑者鉄覆いの処刑者 (2)(W)
クリーチャー-人間・戦士:コモン

鉄覆いの処刑者が戦場に出たとき、あなたの墓地からオーラ・カード1枚か装備品・カード1枚を対象とする。あなたはそれをあなたの手札に戻してもよい。

3/2

《鉄覆いの処刑者/Ironclad Slayer》


登場時にオーラか装備品1枚を墓地から回収できる、3マナ・3/2の人間・戦士。
オーラ術師/Auramancer》と比べるとパワーが高く、装備品も対象にできる点で優れていますが、オーラ以外のエンチャントに触ることができないのは若干ではありますがデメリットとなり得ます。

装備品が破壊されることは稀ですが、強力な装備品を再利用するための保険としてサイドボードに用意するのもありですし、オーラしか使わないデッキであれば単純に《オーラ術師》の上位互換として使用することも可能ですね。



emn_鉄大工の浄化鉄大工の浄化 (2)(W)
ソーサリー:コモン

アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを追放する。

《鉄大工の浄化/Ironwright's Cleansing》


1マナ重い《存在の破棄/Revoke Existence》。
ソーサリーであったり、3マナであったり、追放除去であったりする点で緑の《帰化/Naturalize》との差別化が図られているようです。

イラストやフレイバーテキストにおいては、白らしく実直な方法で邪悪と戦う姿が印象的な1枚。



emn_月皇の外套月皇の外套 (1)(W)
エンチャント-オーラ:コモン

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともに「(1),パーマネント1つを生け贄に捧げる:ターン終了時まで、このクリーチャーは飛行を得る。」を持つ。

《月皇の外套/Lunarch Mantle》

単にクリーチャーの強化としても十分な数値ですし、パーマネント1つを代償にして「飛行」を得られる能力も使い道が多くて良い感じです。リミテッド戦では、墓地に送りづらい土地などのパーマネントを生け贄にして「昂揚」達成のサポートもできるでしょう。

また、《月皇の外套》自身を生け贄にしても起動能力自体は有効ですので、状況によっては3マナでクリーチャー1体に「飛行」を持たせるためだけに使用することもありそうです。



《ドラグスコルの盾仲間》《揺るぎない信仰》など、公式カードギャラリーより!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!