こんにちは、ぞうです!
zousan
各地でプレリリースが開催され、『異界月』の気分も高まってきたところでしょうか!
今回も全205種類の収録カードを順次チェックしていこうと思います!

今回は『EMN』に収録される中から、《怒り刃の吸血鬼》など赤のカードをピックアップ!

emn_怒り刃の吸血鬼

紹介させて頂いたカードの一覧

http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
『異界月』公式カードイメージギャラリー
http://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/eldritch-moon


 美人だし主人公顔

emn_怒り刃の吸血鬼怒り刃の吸血鬼 (1)(R)
クリーチャー-吸血鬼・狂戦士:アンコモン

トランプル
あなたのターンの戦闘の開始時に、あなたはカード1枚を捨ててもよい。そうしたなら、ターン終了時まで、怒り刃の吸血鬼は+3/+0の修整を受ける。

1/2

《怒り刃の吸血鬼/Furyblade Vampire》

2マナ・1/2・トランプルの吸血鬼・狂戦士。
こちらから攻撃を仕掛ける前に、手札1枚と引き換えにパワーを上げることができ、元々持っている「トランプル」と合わせて序盤から高い攻撃力を有するクリーチャー。

手札を捨てるタイミングは攻撃宣言を行うより前ですので、「マッドネス」によって召喚したクリーチャーが「速攻」を持っているなら、そちらも問題なく攻撃に参加することが可能。メカニズム的にもよく噛み合う能力ですので、吸血鬼デッキの先陣を任せても十分に活躍してくれそうです。



emn_強欲な過食者強欲な過食者 (2)(R)(R)
クリーチャー-吸血鬼・狂戦士:アンコモン

各戦闘で、強欲な過食者は可能なら攻撃する。
マッドネス (3)(R)

5/3

《強欲な過食者/Insatiable Gorgers》

「マッドネス」を持つ、4マナ・5/3の吸血鬼・狂戦士。
攻撃を強制されてはいますが、サイズが大きいので指示されるまでもなく攻撃したいタイミングの方が多いでしょう。逆に守備的なデッキには不向き。なるべく彼と足並みの揃う構築にしたいですね。



emn_粗暴な協力粗暴な協力 (2)(R)
インスタント:アンコモン

増呪 (1)
以下から1つ以上を選ぶ。
・プレイヤー1人を対象とする。ターン終了時まで、そのプレイヤーがコントロールするクリーチャーはトランプルを得る。
・クリーチャー1体を対象とする。粗暴な協力はそれに2点のダメージを与える。
・対戦相手1人を対象とする。粗暴な協力はそのプレイヤーがコントロールする各クリーチャーに、それぞれ1点のダメージを与える。

《粗暴な協力/Savage Alliance》

3つのモードを持つ、「増呪」付きの3マナインスタント。
3マナで1つを選んだとしても実用範囲内ですが、《集団的抵抗/Collective Defiance》と同じく増呪コストが非常に軽いので、やはり1マナでオマケを付け始めてからが本番です。

全体に「トランプル」の付与と火力の相性は抜群に良いですし、2つ目と3つ目のモードを合わせてタフネス3を1体除去しつつ、タフネス1のトークンなどを一掃できるのも強力。3~5マナのどこで唱えても良いので、ゲーム中に活躍できるタイミングも多いでしょう。



emn_正気の欠片正気の欠片 (2)(R)
ソーサリー:アンコモン

あなたの墓地から、インスタント・カード最大1枚とソーサリー・カード最大1枚を対象とし、それらをあなたの手札に戻す。その後、カード1枚を捨てる。正気の欠片を追放する。

《正気の欠片/Shreds of Sanity》

墓地からインスタントとソーサリーを最大1枚ずつ再利用できる、3マナのソーサリー。
回収した後に手札を1枚捨てる必要があるものの、それも「マッドネス」に利用してしまえるのが今のスタンダードの良いところ。

特に墓地の《癇しゃく/Fiery Temper》や《アヴァシンの裁き/Avacyn's Judgment》を直接拾いにいけるのが強いですね。手札も増えるしいいこと尽くめです。



emn_血の不穏血の不穏 (1)(R)
ソーサリー:コモン

クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+2/+2の修整を受けるとともにトランプルを得る。
マッドネス (R)

《血の不穏/Distemper of the Blood》

クリーチャーを強化して「トランプル」を与える、「マッドネス」付きのソーサリー。
普通のタイミングで唱えるとどうしても対処されやすくなってしまいますので、コンバット・トリックとして活用できるように、なるべく「マッドネス」を使って唱えたいところ。リミテッド戦では「マッドネス」用のカードのかさ増しとしても重要になりそうです。



emn_悪戯悪戯 (2)(R)
ソーサリー:コモン

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。悪戯はそれに1点のダメージを与える。赤の1/1のデビル・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。それは「このクリーチャーが死亡したとき、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。このクリーチャーはそれに1点のダメージを与える。」を持つ。

《悪戯/Make Mischief》


対象に1点のダメージと、死亡時に同様のことを行うトークン1体を呼び出す3マナのソーサリー。
合計2点のダメージ(デビル本体も合わせると3点)を発生させますが、ソーサリーであることもあってタイミングが非常にズレるため、クリーチャー除去としては考えづらい1枚。

最初の1点は除去に使えれば御の字という感じで、リミテッド戦の繋ぎとして使うのがちょうど良いでしょう。あくまで《悪戯》程度というところ。



emn_異世界の発露異世界の発露 (R)
インスタント:コモン

クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+1/+0の修整を受ける。このターン、そのクリーチャーが死亡したとき、無色の3/2のエルドラージ・ホラー・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。

《異世界の発露/Otherworldly Outburst》

クリーチャー1体にパワーの修整を与える、1マナのインスタント。
コンバット・トリックとしては本当に最低限で、タフネスの上昇がないため、相手のクリーチャーを相打ちに持ち込むために使うのが主な用途となりそう。むしろ、相打ちに持ち込んで、弱小クリーチャーを3/2のエルドラージ・トークンに変換する方が大切かもしれません。

その点では、今にも除去されそうなクリーチャーに対して使用して後続を途切れさせない、といった使い方も有用そうですね。



《怒り刃の吸血鬼》《粗暴な協力》など、公式カードギャラリーより!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!