こんにちは、ぞうです!
zousan
各地でプレリリースが開催され、『異界月』の気分も高まってきたところでしょうか!
今回も全205種類の収録カードを順次チェックしていこうと思います!

今回は『EMN』に収録される中から、《小村の隊長》など緑のカードをピックアップ!

emn_小村の隊長

紹介させて頂いたカードの一覧

http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
『異界月』公式カードイメージギャラリー
http://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/eldritch-moon


 これが人の強さだ

emn_小村の隊長小村の隊長 (1)(G)
クリーチャー-人間・戦士:アンコモン

小村の隊長が攻撃かブロックするたび、ターン終了時まで、あなたがコントロールする他の人間・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

2/2

《小村の隊長/Hamlet Captain》

旧『イニストラード』にも収録された、他の人間を強化する2マナ・2/2の人間・戦士。
当時とまったく同じ姿での再登場となっており、イニストラードの民の底力を感じさせられます。

自身が攻撃やブロックに参加するたびに、味方の人間を鼓舞することができ、「人間」部族で固めたデッキにおいてはほぼ「ロード」として機能する存在。リミテッド戦についても、ただの「熊」以上の活躍を見せてくれます。



emn_ソンバーワルドの雄鹿ソンバーワルドの雄鹿 (3)(G)(G)
クリーチャー-大鹿:アンコモン

ソンバーワルドの雄鹿が戦場に出たとき、あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とする。あなたは「このクリーチャーはそれと格闘を行う。」を選んでもよい。

4/3
 

《ソンバーワルドの雄鹿/Somberwald Stag》

戦場に出たときに対戦相手のクリーチャー1体と「格闘」を行える、5マナ・4/3の大鹿。
カードを消費せずにクリーチャーを除去できるのが便利なのですが、意外とタフネスが低いため等価交換で諦めることもありそう。

「格闘」までを含めて5マナ相当といったところですが、能力自体は任意となっているので、戦力として維持したい場合はしっかり戦場に残ってくれるのが良いですね。



emn_原初のドルイド原初のドルイド (1)(G)
クリーチャー-人間・ドルイド:コモン

原初のドルイドが死亡したとき、あなたはあなたのライブラリーから基本土地・カード1枚を探してもよい。そうしたなら、それをタップ状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。

0/3

《原初のドルイド/Primal Druid》

死亡時に《不屈の自然/Rampant Growth》が誘発する、2マナの人間・ドルイド。
タフネスが微妙に高く、思うように倒されてくれないこともありそうですが、幸い「現出」などの生け贄を用いるメカニズムも登場していますので、それらを利用してマナベースを安定させたいですね。

過去の同様の能力を持つカードには《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》がおり、パワーとタフネスの合計値は3点、マナ・コストも2点で一緒。



emn_春の賢者の儀式春の賢者の儀式 (3)(G)
インスタント:コモン

アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。あなたは4点のライフを得る。

《春の賢者の儀式/Springsage Ritual》

色は違いますが、1マナ増えてインスタントになった《真面目な捧げ物/Solemn Offering》といった感じ。
構築戦では両方を同時に行えるよりも軽さの方が優先されますが、リミテッド戦であれば装備品などでアーティファクトが多用されるため対象には困らず、殴り合いにもなりやすいのでライフゲインも非常にありがたい効果となります。



emn_敏捷な巣紡ぎ敏捷な巣紡ぎ (3)(G)
クリーチャー-蜘蛛:コモン

瞬速
到達

2/3

《敏捷な巣紡ぎ/Swift Spinner》


4マナ・2/3・瞬速・到達の蜘蛛。
無警戒に攻撃してきやすい飛行クリーチャーをがっちり捕獲できるようなデザインのクリーチャー。軽量化された《絡み森の蜘蛛/Tangle Spider》といった感じでもあり、随分小回りが利くようになった印象です。



emn_満ちゆく月満ちゆく月 (1)(G)
インスタント:コモン

あなたがコントロールする狼男最大1体を対象とし、それを変身させる。ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーはトランプルを得る。

《満ちゆく月/Waxing Moon》

狼男の変身をサポートする2マナのインスタント。
『異界月』の狼男は「変身」のためのコストが非常に重いため、それを2マナで行えるだけでも費用対効果は高め。サイズも変身した際にかなり上昇するので、上手く使うとコンバット・トリックとしても機能してくれます。

また、自軍全体に「トランプル」が付与される効果は、狼男を対象にせずとも適用されるので、リミテッド戦ならばそれのみを目的としてデッキに採用することも考えられますね。



《小村の隊長》《満ちゆく月》など、公式カードギャラリーより!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!