こんにちは、ぞうです!
zousan
本日は待ちに待った『異界月』の発売日ですね!おめでとうございます!
引き続き、全205種類の収録カードを順次チェックしていこうと思います!

今回は『EMN』に収録される中から、《忌の一掃》など白のカードをピックアップ!

emn_忌の一掃

紹介させて頂いたカードの一覧

http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
『異界月』公式カードイメージギャラリー
http://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/eldritch-moon


 公認チート(人間)

emn_忌の一掃忌の一掃 (1)(W)
インスタント:アンコモン

このターンに人間でない発生源が与えるすべてのダメージを軽減する。

《忌の一掃/Repel the Abominable》

人間デッキのお守り的な1枚。
「人間」以外の部族を中心にしたデッキを相手にしたときにはすごく強い《濃霧/Fog》ですが、『イニストラードを覆う影』までのスタンダードの構築環境では「人間」デッキが大流行していたので、このカードが活躍するかは環境次第といったところでしょうか。

また、大半のクリーチャーでない呪文やパーマネントは「人間でない発生源」ですので、それらから与えられるダメージもすべて軽減可能です。《コジレックの帰還/Kozilek's Return》などの全体火力には特に有効そうですね。



emn_支配の天使支配の天使 (4)(W)(W)
クリーチャー-天使:アンコモン

飛行
支配の天使が戦場に出たとき、対戦相手がコントロールするクリーチャーをすべてタップする。

4/3

《支配の天使/Subjugator Angel》


戦場に出たときに、対戦相手のクリーチャーをすべてタップさせる6マナの天使。
ブロッカーを排除して攻撃を通しつつ、4/3・飛行のオマケが付くのは非常に強力。6マナですので安々と唱えられるものではありませんが、クリーチャーデッキ同士の対決ならば勝負を決める1枚となるでしょう。主にリミテッド戦での活躍が期待されます。

タッパー能力だからと言って、投網を持参する辺りがきっちりしているというか、天使の性が抜け切れていない雰囲気を感じます。



第1面:

emn_罪からの解放者罪からの解放者 (2)(W)
クリーチャー-人間・クレリック:アンコモン

罪からの解放者が戦場に出たとき、あなたは他のパーマネント1つを生け贄に捧げてもよい。そうしたなら、無色の3/2のエルドラージ・ホラー・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
昂揚-あなたのアップキープの開始時に、あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれる場合、罪からの解放者を変身させる。

0/3
第2面:
emn_肉体からの解放者肉体からの解放者
クリーチャー-エルドラージ・ホラー:アンコモン

あなたがコントロールするエルドラージは警戒を持つ。
(2),(T),エルドラージでないクリーチャー1体を生け贄に捧げる:無色の3/2のエルドラージ・ホラー・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。

3/5

第1面:《罪からの解放者/Extricator of Sin》
第2面:《肉体からの解放者/Extricator of Flesh》

「昂揚」によってエルドラージに変身する3マナの人間・クレリック。
第1面は3マナ・0/3ながら、パーマネント1つを生け贄に3/2のエルドラージを出す誘発能力持ち。アーティファクトでも土地でも構わないので、墓地に送りづらいカードを選んで自力で「昂揚」達成をサポートできるのが強みです。

第2面になると、パワーとタフネスが増強され、タップ能力で「エルドラージでないクリーチャー」を同族にしてしまう能力に。エルドラージに「警戒」を持たせる能力によって自身も「警戒」を得ますので、攻撃した後でもタップ能力を起動することは可能。せっかくパワーが増えたのでどんどん攻撃させましょう。



emn_シガルダ教の僧侶シガルダ教の僧侶 (1)(W)
クリーチャー-人間・クレリック:コモン

(1),(T):人間でないクリーチャー1体を対象とし、それをタップする。

1/2
 

《シガルダ教の僧侶/Sigardian Priest》

人間でないクリーチャーをタップさせる能力を持つ、2マナ・1/2の人間・クレリックであり、《アヴァシン教の僧侶/Avacynian Priest》の同型再販。というか、アヴァシンに見放された本人なのでは。

主にリミテッド戦で活躍することになると思うのですが、白や緑になると人間だらけで能力が効かない場面もありますので、相手によってはサイドボードと交換するのもありでしょう。人間だったりホラーだったりする「狼男」たちを相手にする際にも混乱しないよう注意したいところ。



emn_霊体の予備兵霊体の予備兵 (3)(W)
ソーサリー:コモン

飛行を持つ白の1/1のスピリット・クリーチャー・トークンを2体戦場に出す。あなたは2点のライフを得る。

《霊体の予備兵/Spectral Reserves》

1/1・飛行を2体と2点のライフを得られる、4マナのソーサリー。
せっかく飛行クリーチャーの数を揃えられますので、これを唱えるまでに地上でのライフレースを拮抗させておきたいところ。装備品とも相性が良いので、リミテッド戦で人間と一緒に採用すると足りない部分を補えて活きてきそうですね。



emn_不動の聖戦士不動の聖戦士 (1)(W)
クリーチャー-人間・兵士:コモン

不動の聖戦士が攻撃するたび、ターン終了時まで、これは+0/+2の修整を受ける。

2/1

《不動の聖戦士/Steadfast Cathar》

攻撃時にタフネスが増える、2マナ・2/1の人間・兵士。
ブロックに回るときのひ弱さはやはり2マナのコモンといった印象ですが、攻撃するときは見違えるほど屈強ですので、攻め気の強いデッキでこそ輝くカードでしょう。

人間ですので、《信条の香炉/True-Faith Censer》などの装備品から得られる効果が大きいのもメリット。



emn_スレイベンの軍旗手スレイベンの軍旗手 (W)
クリーチャー-人間・兵士:コモン

(1)(W),(T),カード1枚を捨てる:白の1/1の人間・兵士・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。

1/1

《スレイベンの軍旗手/Thraben Standard Bearer》

手札1枚と引き換えに1/1の人間・兵士を呼び出す、1マナ・1/1の人間・兵士。
不要なカードを戦力に変換できるのは強力ですが、1/1のトークンよりも弱いカードはそうそう存在しませんので、やはり「マッドネス」や「昂揚」と組み合わせてサポートカードとしての面を強くして採用したいところ。その点で序盤から起動していけるのはメリットです。白ですので、人間のシナジーも見込めればより強そうですね。



《忌の一掃》《支配の天使》など、公式カードギャラリーより!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!