こんにちは、ぞうです!
zousan
『異界月』も発売されて、新たな環境がどう作られていくのか楽しみですね!
引き続き、全205種類の収録カードを順次チェックしていこうと思います!

今回は『EMN』に収録される中から、《炎の散布》など赤のカードをピックアップ!

emn_炎の散布

紹介させて頂いたカードの一覧

http://gwzousan.blog.jp/archives/62021880.html

参考リンク:
『異界月』公式カードイメージギャラリー
http://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/eldritch-moon


 うおォン、私はまるで人間火力発電所ね

emn_炎の散布炎の散布 (6)(R)
インスタント:アンコモン

望む数のクリーチャーを対象とする。炎の散布はそれらに6点のダメージをあなたの望むように分割して与える。

《炎の散布/Spreading Flames》

6点を分割できる7マナのインスタント。
かなり重い呪文ですが、リミテッド戦で1枚なら採用を検討できるカード。8マナのダブルシンボルで5点分割だった《落岩/Boulderfall》もギリギリ使えていたことですし、こちらも大味な効果が終盤で輝いてくれることでしょう。



emn_稲妻織り稲妻織り (2)(R)
クリーチャー-人間・シャーマン:アンコモン

到達
あなたがインスタント・呪文かソーサリー・呪文を1つ唱えるたび、対戦相手がコントロールするクリーチャー1体を対象とする。稲妻織りはそれに1点のダメージを与える。

1/4

《稲妻織り/Weaver of Lightning》

高めのタフネスと「到達」によって強固なブロッカーとして期待できる1枚。
能力と合わせてタフネス2以下のクリーチャーに相当な圧力をかけることができますので、「果敢」を多用するデッキに添えておくのも良さそうですね。



第1面:
emn_嵐の伝導者嵐の伝導者 (2)(R)
クリーチャー-狼男・ホラー:アンコモン

嵐の伝導者が攻撃するたび、このターン、次のあなたのメイン・フェイズの開始時に、あなたのマナ・プールに(R)を加える。
(3)(R)(R):嵐の伝導者を変身させる。

2/3
第2面:
emn_エムラクールの伝導者エムラクールの伝導者
クリーチャー-エルドラージ・狼男:アンコモン

エムラクールの伝導者が攻撃するたび、このターン、次のあなたのメイン・フェイズの開始時に、あなたのマナ・プールに(C)(C)を加える。

5/4

第1面:《嵐の伝導者/Conduit of Storms》
第2面:《エムラクールの伝導者/Conduit of Emrakul》

マナを支払って任意で変身できる、3マナ・2/3の狼男・ホラー。
他の狼男・ホラーと同様に、「変身」をコンバット・トリックのように使えるのが強み。能力のためにも攻撃に参加させたいクリーチャーなので、動きが噛み合っているのが良いですね。第2面では色こそ無くなりますが生み出すマナの量が増えるため、変身させてから攻撃した方が得する場面もしばしば。



emn_予言的妄語予言的妄語 (R)
エンチャント-オーラ:コモン

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは速攻と「(T),カード1枚を捨てる:カードを1枚引く。」を持つ。

《予言的妄語/Prophetic Ravings》

対象に「速攻」とルーティング能力を与える、1マナのオーラ。
クリーチャーは必要ですが、1マナで即「マッドネス」のための条件を満たせるのが強み。単にクリーチャー1体に「速攻」を持たせるだけにも使えますので、リミテッド戦で採用しておくと不意に役立つタイミングがありそうです。

また、《天啓の嵐/Epiphany Storm》の上位互換でもあるため、「Pauper」などの構築フォーマットで使うのも面白そう。「マッドネス」のほか、「神啓」と組み合わせるのも良いですね。



emn_ステンシアの晩餐ステンシアの晩餐 (2)(R)
ソーサリー:コモン

対戦相手1人を対象とする。ステンシアの晩餐はそのプレイヤーに、あなたがコントロールする吸血鬼の数に等しい点数のダメージを与える。
カードを1枚引く。

《ステンシアの晩餐/Stensia Banquet》


対戦相手1人を対象とする「吸血鬼」専用の3マナ火力。
クリーチャー除去に使えないうえにソーサリーなので、総攻撃の前後に合わせてトドメを刺したいところ。「キャントリップ」のオマケがあるため、2~3点程度でもリミテッド戦ならば十分な仕事はしていますが、できればありったけの吸血鬼を集めた赤黒のデッキなどで使いたいカードですね。



emn_ステンシアの亭主ステンシアの亭主 (3)(R)
クリーチャー-吸血鬼:コモン

ステンシアの亭主が戦場に出たとき、対戦相手がコントロールする土地1つを対象とし、それをタップする。その土地は、それのコントローラーの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。

3/3

《ステンシアの亭主/Stensia Innkeeper》

土地のアンタップを阻害する、4マナ・3/3の吸血鬼。
色マナを縛ったり、カードの展開を遅らせたりと、土地1枚を1ターン寝せるだけの能力ですが、相手取ると意外に厄介な能力。特に序盤に使われるとそのままダメージレースに追いつけなくなることも。

イラストやフレイバーも、実に吸血鬼らしい退廃的な感じで良いですね。



emn_熱錬金術師熱錬金術師 (1)(R)
クリーチャー-人間・シャーマン:コモン

防衛
(T):熱錬金術師は各対戦相手にそれぞれ1点のダメージを与える。
あんたがインスタント・呪文かソーサリー・呪文を1つ唱えるたび、熱錬金術師をアンタップする。

0/3

《熱錬金術師/Thermo-Alchemist》


2マナ・0/3・防衛の人間・シャーマン。
あらゆるインスタントやソーサリーに1点火力を追加するような能力となっており、「果敢」などをテーマとしたデッキで活躍が期待できる1枚。

コモンですので「Pauper」でも採用することができ、こちらでは《稲妻/Lightning Bolt》が実質4点になったり、《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》や《噴出/Gush》などのピッチスペル化した呪文でアンタップできるので、【バーン】や【ウィー・ゼロックス】などで使ってみたいカードです。



《炎の散布》《稲妻織り》など、公式カードギャラリーより!!
でした!

(=゚ω゚)ノ いじょう!