こんにちは、ぞうです!
zousan
1月29日(土)に開催されたMNB杯(長崎県諫早市)におじゃまさせて頂きました!
過去の大会には、タイミングが合わなかったりで参加できませんでしたが、初参加でも快く迎え入れてくれる運営の方のお心遣いが素晴らしかったです!ありがとうございました!

以下、参加結果。


 使用デッキ

20170130a

使用したデッキは【赤緑ゴブリン】(モダン)です!
「エンチャントを触れないと詰むのでタッチ緑」という後ろ向きな理由から、「アタルカ・レッドの雰囲気が出るので、積極的に緑を使う」という形に変更しています!



 本戦(モダン)

参加人数 18名

R1 oxx vs.緑白ウルザトロン
R2 xx- vs.緑白呪禁オーラ
R3 xx- vs.赤単バーン
R4 oxo vs.ジェスカイ・コントロール

1回戦 vs.緑白ウルザトロン
1ゲーム目は《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary》から《無謀な奇襲隊/Reckless Bushwhacker》の「怒濤」に繋げて軽快に勝利しましたが、第2ゲームはマナフラッドで自爆。第3ゲームは《アタルカの命令/Atarka's Command》で1つめのライフゲインを潰そうとしたところに、2つめのライフゲインをスタックで通されたのが致命打になって負けました。ゴブリンであることに触れて頂いたので満足。

2回戦 vs.緑白呪禁オーラ
第1ゲームをマナフラッドから開始して、サイドでエンチャントとライフ回復対策を十分に用意しての第2ゲームでは、一旦相手をライフ1点まで追い詰めるもののメインの《アタルカの命令》すら引けずに、《夜明けの宝冠/Daybreak Coronet》の警戒・絆魂に押しつぶされて負け。

3回戦 vs.赤単バーン
第1ゲームはトップ勝負で競り負けて、先手で迎えた第2ゲームは土地引けずのトリプルマリガンから1枚の土地で止まったので、2ターン目に《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》が着地した時点で、手札も2マナのカードで溢れていた為、投了。

4回戦 vs.ジェスカイ・コントロール
ブン回り、マナフラッド、ブン回りの極端な3ゲームで初のマッチ勝利。ひさびさに《ゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenade》で勝てた気がします。


まとめ:
土地18枚でマナフラッドを連続で起こすのは精神的にとてもつらいことがわかりました(小学生並みの感想

とりあえず、土地は伸びすぎよりも、伸び悩んで負ける方がゲームにならないので、19~20枚に増やした方が気楽に遊べそう。

サイドの《顕在的防御/Blossoming Defense》は1マナで修整も入るし、かなり安心感のあるカードなんですが、やはり相手のクリーチャーへの強化を妨害ができる《巨森の蔦/Vines of Vastwood》の方が活躍の幅が広いような気がします。

あとは、《引き裂く流弾/Rending Volley》と《電弧の痕跡/Arc Trail》の枚数を減らしても良さそうでしたので、追加のエンチャント対策に入れ替えたいところ。



 サイドイベント(ドラフト)

20170130b

サイドイベントは、『霊気紛争』のみ3パックで8人ドラフト!

霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》からスタートして、《バラルの巧技/Baral's Expertise》が流れてきたのでカットして、《たかり猫猿/Scrounging Bandar》などを取りつつ1-5までは青緑のつもりでしたが、緑の流れの悪さと2マナ・2/1・先制攻撃がノーマークになっている辺りから赤に鞍替えして、3パック目で猛烈に火力を押し付けられたこともあり、赤タッチ青に。

対戦結果 3勝0敗

R1 oo- vs.赤青(下1)
R2 xoo vs.赤黒(下2)
R3 oo- vs.緑白青(上1)

下家が使うカードを頂きつつ、上家からはノーマークという、結果的に素晴らしい立ち位置でドラフトしていたことが判明。運の良さも助けてくれて全勝できました。《霊気圏の収集艇》は爆弾レア過ぎましたね。



20170130c

ちなみにレアは順位取りだったので、こんな感じに化けました。
神話レアなのに折り返してくるまで無視され続けるトカゲかわいい。

また都合が合えば参加させて頂きます!
ありがとうございました!

(=゚ω゚)ノ いじょう!