こんにちは、ぞうです!
zousan
FNMに行ってもその日に記録を付けなかったりしていますが、
最近はこうして思い出したら書いておこう、くらいの状況です!

以下、最近のデッキとか。


 3/10 FNM(モダン)

20170313a

R1 oo- vs.赤単バーン
R2 oo- vs.アブザン
R3 oxx vs.ジャンド

1回戦 vs.赤単バーン
1ゲーム目の先手を取り、2ターン目に相手の《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》を除去できたことでかなり有利な展開を作れてそのまま勝ち。2ゲーム目は相手がマリガン地獄にハマってなし崩し的に勝ち。

2回戦 vs.アブザン
こちらが割とブン回って勝ち。ライフゲインの手段を採用していない相手だったので、《ゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenade》が小気味良い威力でした。

3回戦 vs.ジャンド
お互いにマナスクリュー気味の3連戦。かなり善戦したものの、最後はカードパワーの差で負け。

まとめ:
前回の反省を活かして、《山》を1枚足して土地を19枚に。
主要カードを4枚ずつ採用して、残りの1枠は《分かち合う憎しみ/Shared Animosity》にしています。相手の想定を上回れる素敵なカードですね。

サイドも少しずつ変化していますが、一番の変更点は《耳障りな反応/Guttural Response》の加入です。青い相手と当たらなかったのが残念。



 スタンダード

20170313b

スタンダードは色々考えた結果、黒緑から黒単に戻しました。
結局、5マナまでテンポ良く動けるのが一番強いので、出したターンにマナを生まない土地をすべて排除。エルドラージは元々のサイズが優秀なので、そこにサポートを入れるのは過剰だなと思い、《金属ミミック/Metallic Mimic》は抜けました。

土地配分は、《沼》12枚+無色マナの土地12枚。無色マナの発生源のうち、10枚は条件付きながら黒マナのソースとしても扱えるので、黒のダブルシンボルについてはかなり安定しています。《未知の岸/Unknown Shores》はこのデッキにおいては正解と信じて止まない。

サイドボードは色々入ってゴチャゴチャしています。
完全無視/Complete Disregard》《次元の歪曲/Spatial Contortion》《異常な忍耐/Unnatural Endurance》辺りを1枚挿すためにカードを入れ替えています。この辺はサイド後でも2枚は引きたくないかなと思うので。1枚は欲しい。

あと、《歩行バリスタ/Walking Ballista》が3枚になりました。
これを立たせていると、戦闘で心理的に有利になる気がします。物理的にも有利ですが。



ゴブリンともエルドラージとも長い付き合いになりました!
特にスタンダード組は、アモンケット・ブロックの終わりまで完走して欲しいですね!

(=゚ω゚)ノ いじょう!